〒 812-0011
福岡市博多区博多駅前3-10-26 スコーレ博多501号

  • 電話:092-260-9163
  • FAX:092-260-9162

生活保護受給中の方からの相談

生活保護を受給している方から、障害年金を申請したいと相談を受けることがしばしばあります。

生活保護受給中で、申請を検討されている方。
他法優先になりますので、申請できる状態にある方は申請をしなければなりません。
私は社労士として受任する前に、その方の担当ケースワーカーに決定した年金から社労士が手続き代行した経費を控除して、残りの額を収入認定してほしいと相談に行きます。

対応はかなりまちまち。
頑として認めないケースもありますが、下記根拠をもとに社労士の経費を認めてくださったケースもあります。
本庁の業務指導係の方に確認しても、基本的に障害年金申請はケースワーカーの仕事のため、全ての案件において社労士への経費を認めるというわけにはいかないという回答でした。
しかし、異動や新卒の配属で障害年金申請を経験したことのないケースワーカーがたくさんおり、申請に結びついていないケースが多くあるの問題として少し認識してはいるようです。

現状は社労士の報酬を認めるか認めないかはケースバイケースのようです。
なので、生活保護を受給されていても申請を検討されている方はまずはご相談ください。
経費として認めてもらうようご依頼者に代わって担当のケースワーカーへ相談します。



厚生労働事務次官通達
第8 - 3 -(2)就労に伴う収入以外の収入
ア恩給、年金等の収入
(ア)恩給、年金、失業保険金その他の公の給付については、その実際の受給額を認定すること。
(イ)(ア)の収入を得るために必要な経費として、交通費、所得税、郵便料等を要する場合又は受給資格の
証明のために必要とした費用がある場合は、その実際必要額を認定すること。



■■まずはお気軽にお問い合わせください■■
     坪田社会保険労務士事務所
 〒812-0011 

 福岡県福岡市博多区博多駅前3-10-26
               
スコーレ博多501号
 Tell :092-260-9163 f a x:092-260-9162


                           →お問い合わせはこちらから